ハイローオーストラリアを国立大卒の元プログラマーが攻略しました。ツールは嫌いだが、ツールだと言われればその通り。ただただ簡単なお仕事でした。

ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】

ハイローオーストラリア関連

バイナリーオプションの手法を公開しようと思う

投稿日:2018年4月18日 更新日:

ボクのバイナリーオプションの手法を書いていこうと思う。

その理由としてあまりに,手法を教えて欲しいとの問い合わせが多いからだ。

株の取引手法は需給関係があるので、公開する事は出来ないが、FXやバイナリーオプションといった為替市場で需給関係はほとんど関係ない。

だから、ボクの手法を公開した所で影響はないに等しい。

メルマガを使い段階的に伝えていけば、効率的だとは思う。だから時間のある時に無料のメルマガでもやろうかなとは考えている。

正直、資金管理さえ出来ていれば、取引手法は何でも良いのではないか?

というのが最近のボクの持論ではある。

ボクも、今は為替取引に関して、明確な手法があるが、初心者の頃はいったいどこでエントリーして決済していいいのやら全くわからなかった。

明確な手法がなくトレードを行うと、ただの丁半バクチになるので注意した方が良い。

バイナリーオプションのテクニカルは何を使えば良いのか?


最初に言っておくが、バイナリーオプションでこのテクニカルを使えば、必ず勝てると言ったモノは存在しない。

ただ勝率を上げる事は可能だ。

それがテクニカルツールの役割になる。

テクニカルツールにも有料、無料のものもある。

バイナリーオプションで使うならば、

  • MACD
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • ボリンジャーバンド
  • トレンドライン
  • 移動平均線(5日~75日)

この辺りが有名どころだろう。

テクニカルは星の数ほどあるので、全部覚える必要はないし、全部を併用するのは、正直オススメしない。

複数のテクニカルを使うと、逆にエントリータイミングがわかりにくくなる。

なるべくシンプル且つ勝率が高いモノで検証を繰り返すのが、バイナリーオプションの攻略の糸口だ。

もし、無人島にモノをひとつだけ持っていけるのとしたら?

といった感じで、テクニカルで一つだけしか使えないといった制限があるならば、ボクは、MACDを使うと思う。

まぁそういった制限がなくてもMACDとRSIとボリンジャーバンドを併用する事はないが。。

ボクがメインで使っているテクニカルは別なのだが、今書くと話が脱線するので、それは後ほど紹介する。

バイナリーオプションの2chで言われている手法とは?

バイナリーオプションの2ch(5ch)掲示板で良く言われている手法はMACDやRSIを使った手法だ。

使う足は一分足。

MT4を使った場合はこのようなエントリーポイントになる。

Macdを使ってのトレード

0ラインより下でゴールデンクロス
0ラインより上でデットクロス

上の画像を見て貰ったらわかるように、0ラインに近い所のエントリーポイントはスルーしている。

この辺の事はMacdの事を少し調べればわかるので、説明は割愛させて貰う。

RSIを使ってのトレード

30%以下が買いサイン
70%以上が売りサイン

RSIは逆張りに使うインジケーターになる。

RSIの精度をより高める方法として、70%⇒80% 30%⇒20%でエントリーするようにすれば良い。

やり方は、RSIインジケーターの数字を変えるだけ。

ただ、エントリータイミングは減る。

MACDやRSIをを使う事は良いとは思う。

何も使わないで「勘」だけで取引するより100倍良い。

バイナリー オプションで簡単な手法はないのか?

最近知ったのだが、バイナリーオプションの世界にはオプザイルと言うEXILE風の若い男女が

誰でも簡単に勝てるツールを販売しているとの事。

ボクのような、非モテ理系の人間には、遠い華やか(?)な世界なので、100%話が合わないだろう。

では、バイナリーオプションには簡単な手法は存在しないのか?

と言われればそうでもない。

バイナリーオプションで勝つには、60%~70%の勝率が見込める手法で取引を繰り返すだけ。

そして、資金がなくならないような資金管理を行う。

これだけで勝てる。

深く考える必要はない。

勝率90%とか、完全放置でお金が増えるとかは必要ないのだ。

バイナリー オプションで鉄板と言われる手法はあるのか?

鉄板 = 100%

と言う意味として捉えるならば、為替市場において鉄板のエントリータイミングは存在しない。

あるのは、勝率の高いエントリータイミングだけだ。

自分ルールのタイミングで取引していると、稀に10連勝などする場合がある。

こうなると人間は「鉄板の手法を見つけた!」と錯覚する。

10連勝するぐらいなので、勝率の高いモノではあるが、確率は必ず収束する。

もう一度言う、鉄板の手法は存在しない。

バイナリーオプションで順張りのインジケーターは何を使えば良いのか?

ボクはバイナリーオプションで取引するには、「逆張り」が適していると思う。

  • 順張り = 勝率が悪く利益を伸ばす
  • 逆張り = 勝率が高いが利益を伸ばせない

といった特徴がある。

バイナリーオプションは利益を伸ばす必要もないので、勝率の高い逆張りで数多く取引した方が効率が良い。

Macdは、トレンドが変わった初動を捉える順張りだ。

ボリンジャーバンドも使い方によっては、順張りにもなるし逆張りにもなる。

RSIは完全に逆張りのインジケーターなので順張り職人は使わない方が良いだろう。

1分足の短期バイナリーオプションの取引では、

1時間(長期)でトレンドに乗り、1分足(短期)で逆張りをするというのがいいだろう。

ボクは、これに適しているインジケーターはスパンモデルだと思う。

バイナリー オプションは順張りが鉄板の手法

先にも書いたが、短期バイナリーオプションの取引では

  • 1時間足の世界では順張り
  • 1分足の世界では逆張り

これがもっとも適している。

これは株やFXのスキャルピングでも同じだ。

反対にエントリーしないタイミングとしては、1時間足でも下落トレンドで、1分足でも下落トレンドの状態でLONG(High)でエントリーはしない。

自分で統計をとって見るとわかると思うが、驚くほど勝率が低い。

ボクのバイナリーオプションの手法

ボクは、バイナリーオプションでもFXでも先物でもスパンモデルを愛用している。

他のツールを見向きしないぐらい愛用している。

現在(2018年)スパンモデルは、数多くのFXに標準で実装されている状態だ。

以下のサイトには、スパンモデルが標準装備されている、FX会社が紹介されている。

ボクがスパンモデルを使い始めた頃は、MT4に表示させるのが一般的で、初心者向きのツールとは言い難かった。

現在は、FX会社に口座を開くだけで簡単に誰でも利用できる。

スパンモデルを使った投資法は、ボクのサイトでも、怪しい情報商材扱いされ紹介出来ない時期もあった。
(今はその誤解が解け、紹介出来るようになったが・・)

本物だと感じ長く使っているモノが、広く認知されたのは、素直に嬉しく思う。

⇒ボクの手法

こちらの記事で、スパンモデルを使った取引方法について少し書いている。

手法

勝つべくして勝つ
【取引手法】スパンモデルで取引する

テクニカルチャートの具体的な使い方を紹介しています。チャート設定は、FXプライムかMT4を推奨します。

続きを見る

-ハイローオーストラリア関連
-

Copyright© ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】 , 2018 All Rights Reserved.