取引手法について

マーチンゲール法を使ってバイナリーオプションを攻略する

投稿日:


さて、ボクが無料配布している勝つためのExcellsheetだが、「マーチンゲール法」を応用して作成したモノというのに気づいた人も多いだろう。

そのマーチンゲール法だが、一般的には「危険な手法」の一言で片づけられる事も多い。ボクはマーチンゲール法は、資金の管理さえしていれば、危険な手法とは思わない。だから、マーチンゲール法を応用した勝つためのExcellsheetを作った。

しかし、ボクもマーチンゲール法について、詳しく知っている訳ではない。

だから、マーチンゲール法について、少し調べて見たので、その情報について、みんなに共有しておこうと思う。マーチンゲール法について、詳しく知れば、また何か攻略の糸口が掴めるかも知れない。

そもそも、マーチンゲール法って何だ?

マーチンゲール法というのは、ひとことで言うと、勝つまで倍賭けするという、ごく単純な手法の事だ。

普通のマーチンを使ってトレードすると、資金を最大限活かせないのと、複利を使ってトレードする事が出来ないデメリットがある。

何とか、資金を最大限使って、複利を使ってトレードする方法はないか?と考えて、作ったのが、勝つためのExcellsheetだった。

そして、ボクはこのExcellsheetを使い、バイナリーオプションで大きな金額を手にする事に成功したと言うわけだ。

そして、このExcellsheetをサイトで無料で配布して、それを使ったトレーダー達からも実際に喜びの声をたくさん貰うことになった。もちろん、全員ではないと考えているが。。

さて、話を、マーチンゲールに戻そう。

マーチンゲール法と名付けられたのは、18世紀のようだが、多分、人類が数字を知った時から、存在していたとは思う。

ちなみに、人類がいつから数字を扱うようになったのか?というと明確にはわからない。

ただ、ユーラシア大陸で最も古いメソポタミア文明(紀元前3500年)の遺跡に、くさび形文字が登場している事を考えると、少なくても、今から5000年以上も前には人類は数字を使っていたことになる。

また、マーチンゲール法とは反対の逆マーチンゲール法というのも存在する。

こちらは、勝った時に、ひたすら倍掛けするという事だ。

どちらも、古くから、カジノのバカラやルーレットなど2択のゲームに使われる事が多い手法だ。

マーチンゲール法とは誰が名付けた?

名前には、大体由来がある。マーチンゲール法と名付けたのは誰が最初に言い出したかはわからないが、18世紀の南フランスのマーティギュー地方出身者が、この手法を使いカジノで取引していたとの事。

それを見た回りの人たちが「マーチィギューシステム」と言い、それが結果として「マーチンゲール法」となったようだ。

まぁ嘘か、本当かわからないが、そうらしい。

マーチンゲール法は禁止されているのか?

マーチンゲール法は禁止されてはいない、モンテカルロ法は、モナコ公国のカジノを破産させ禁止された手法と言われているが、今は特段禁止されてはいないだろう。

カジノという場所で唯一禁止されているのは、ブラックジャックのカウンティングくらいではないのか?とは思う。

マーチンゲール法は、禁止されてはいないが、上限額と損失額を決めておかないと、いつか必ず破綻するので、ここは考えなければならない。

マーチンゲール法は負ける手法なのか?

マーチンゲールを使った取引手法では勝てないという意見もあるだろう。これはその通りで、資金の上限がある限り、いつかは必ず破綻する。ただこちらの記事で紹介しているように

マーチンゲールを使った手法でも勝率を高めることによって、負けにくい手法にする事は可能だ。

⇒ハイローオーストラリアで勝てる訳

マーチンゲール法の計算方法について

マーチンゲールの計算方法というか、算出方法は非常に簡単だ。

下の図を見て貰ったらわかるように、1回目に負けたら、2回目は倍掛け、3回目も更に倍掛けしていく。

勝った時点で、1回目に戻る。

回数 掛け金 得られる利益
1回目 100 100
2回目 200 100
3回目 400 100
4回目 800 100
5回目 1,600 100
6回目 3,200 100
7回目 6,400 100
8回目 12,800 100
9回目 25,600 100
10回目 51,200 100

マーチンゲール法はバイナリーオプションやFXで使えるのか?

バイナリーオプションは上がるか?下がるか?の2択を選ぶだけなので、マーチンゲール法との相性はとても良い。FXもテイクプロフィット(利益)とストップロス(損切)の損益率を1:1にしておけば、問題なく使える。

ドル円であれば、100円で購入して101円で利確、99円で損切といった具合だ。

バイナリーオプションは、数分で勝敗がわかるので、FXに比べバイナリーオプションの方がマーチンゲール法との相性は良いだろう。

マーチンゲール法をシミュレーションしたい

マーチンゲール法を自分でシュミレーションして使ってみたい人は、こちらのエクセルシートをダウンロードして使って見てくれ。

⇒マーチンゲールのシュミレーションシート

マーチンゲール法が破綻する確率はどれくらいか?

マーチンゲール法が破綻しない確率を0%にする事は絶対に出来ない。
ただ、勝率を上げて、この破綻確率を大きく下げる事は可能だ。

これはどういうことかと言うと、勝率が50%の時には、5連続で負ける確率は3.125%になる。

表で見て貰った方が話が早いだろう。

 

勝率 4回 5回 6回
25% 31.641% 23.730% 17.798%
30% 24.010% 16.807% 11.765%
35% 17.851% 11.603% 7.542%
40% 12.960% 7.776% 4.666%
45% 9.151% 5.033% 2.768%
50% 6.250% 3.125% 1.563%
55% 4.101% 1.845% 0.830%
60% 2.560% 1.024% 0.410%
70% 0.810% 0.243% 0.073%
80% 0.160% 0.032% 0.006%

ボクのサイトでお伝えしている、色んなテクニカルや手法を使って、このトレードの勝率を10%でも高くする。ちなみに理論的には、55%の勝率があり、損益率が1.1であれば、資産というのはゆっくりと右肩上がりで増えていく。

ただこれだと、資金の増えるスピードはとても遅い。

まとめ

マーチンゲール法は、カジノのバカラやルーレット、競馬といったギャンブルに使われる事が多いので、危険な手法と思われることが多い。ただ、この記事を見た人には、マーチンゲール法は必ず破綻するもので、絶対的な手法ではない事を理解してもらいたい。

ただ、その破綻する確率というのは、勝率を10%上げるだけで、大きく下げる事が可能になる。

バイナリーオプションは上がるか下がるかの2択(50%)なので、マーチンゲール法という手法がとても相性が良い。

巷では、バイナリーオプションのコーチングやコンサルというのもあるようだが、論理的に考えれば、誰でも勝てるようになるはずだ。

君のすることは、トレード技術を磨いて、勝率を上げる事。

そして、資金の管理方法を学ぶ。

これだけだ。

バイナリーオプションで最短30分で報酬を稼ぐ方法

初心者でも最短5分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという『勝つためのExcellsheetプラス2018』を期間限定・無料で配布しています。この方法は初心者でも利益を積み重ねるまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいる人がいることが特徴です。

この手法であれば、10万払ってでも買いたいとメールを貰った事もあります。

■無料:月30万円稼げる勝つためのExcellsheetプラス2018が無料

GAMENE推薦 - 海外業者2選

ハイローオーストラリア

highlow

【海外バイナリーオプション_メイン口座】

ハイローオーストラリアは、ボクが一番初めに使った海外バイナリーオプション業者だ。 使った理由は、一番有名だったので出金トラブルがなさそうという理由だ。 取引画面も使い勝手が良く、パッと見わかりやすいので、初心者向きだと思う。

海外のバイナリーオプションでは知名度は間違いなくNo1だろう。 海外のバイナリーオプションが初めてという人には是非オススメしたい。

金融庁登録:あり オーストラリア

ザ・オプション

【海外バイナリーオプション_サブ口座】

ザ・オプションの特徴として、デスクトップのダウンロードツールが使う事が出来る。

これは海外バイナリーオプション会社では、珍しい。

ボリンジャーバンド、やMacd、RSIでタイミングを見て、ピンポイントで取引が出来るというわけだ。

これが出来る事によって、外部のテクニカルツールと、BO会社との ”ズレ” がなくなる。

海外Boでは、唯一入出金に「Bitwallet」が使える為、入出金がかなり楽になった。

金融庁登録:バヌアツ金融委員会

-取引手法について
-, ,

Copyright© ハイローの達人 , 2018 All Rights Reserved.