ハイローオーストラリアを攻略しました。 「ハイローオーストラリアで勝てない」と言う人は、やり方が間違っている可能性が高い。 明確な投資手法と資金管理の2つがあれば、ハイローオーストラリアは攻略出来る。 バイナリーオプションのツールと言うのは信用出来ない。 ただただ、簡単なお仕事でした。

ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】

攻略する為の時事ねた

ISM製造業景況指数

更新日:

先週月曜、米国のISM製造業景況指数は予想よりも高い数字が出てドルが買われ た。金曜日は雇用統計が発表されたが、非農業部門の雇用者数は予想を下回った。 それでもドルが買われた。 米国の経済指標がよければドルが買われ、悪ければ売られるのが普通だが、その パターン額が崩れた。その説明としては、米国の景気が悪化は市場のリスク回避の 志向を強め、安全通貨、避難通貨としてのドルの役割が挙げられた。 同じ週で変動要因の理屈が違っては、ポジションを取っていたものにとってはたまら ない。でもそれが外為市場なのだ。それほど珍しいことでもない。 米国の経常収支の赤字の拡大は長い間、ドル売りの最大の要因の一つだった。経 常収支の赤字の拡大を示す指標が発表されると直ちにドルは売られた。だがある期 間は逆にドルが買われた。 輸入の拡大は米国の景気の良好さの証であり、金融の引き締め策へ転じる可能性 を示すと市場が解釈したからだ。ディーラーはコペルニクス的転換を強いられた。 90年代初めの湾岸戦争のときもそうだ。それまで有事のドル買いで危機が起きると ドルが買われるパターンが続いた。だがそのときはドルが売られた。米国自身が戦争 に巻き込まれ、財政支出の拡大を余儀なくされることがドル離れを誘ったからだ。 こうしたことが為替を難しくしている。ポジションを取る人にとってはロスを大きく被る 時である。為替の変動要因は固定されたものではない。市場参加者が取引の動機付 けに利用するものでもある。 私が経験したケースでは、大口の実需の取引が入った金融機関のディーラーが後 講釈でつけた理屈がそのまま市場にしばらく広まったことがある。 こうした状況に対応するには、市場参加者、特に有力な市場参加者とのコミュニケ ーションを維持することが最良の方法だが、こんな局面でうまく振舞える可能性は高く ない。ある程度の損失もやむなしとする心構えも必要だ。 

国立大学卒業生がハイローを攻略!!簡単すぎるお仕事。

ハイローオーストラリアを攻略する

-攻略する為の時事ねた
-

Copyright© ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】 , 2017 All Rights Reserved.