ハイローオーストラリアを攻略しました。 「ハイローオーストラリアで勝てない」と言う人は、やり方が間違っている可能性が高い。 明確な投資手法と資金管理の2つがあれば、ハイローオーストラリアは攻略出来る。 バイナリーオプションのツールと言うのは信用出来ない。 ただただ、簡単なお仕事でした。

ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】

攻略する為の時事ねた

米GDP が市場予想よりも強めならドル買い優勢の展開へ?

更新日:

 前回の本欄でも触れたように、なおもドル/円は124.40-50 円レベルで上値が押さえられやす くなっている。逆に言うと、きっかけ一つで同水準を上抜けさえすれば、そこから一気に上値余 地が拡がりやすくなるものと見られる。7月のFOMCはイエレン議長会見もなく、そもそも15-16 日に行われた議会証言からさして日も経っていないことから、これといった新味の材料が提供さ れるべくもなく、結局は本日(30 日)発表の4―6 月期米GDP(速報値)と31 日発表の4―6 月期米雇用コスト指数の結果を待つ格好となっている。 振り返ると、議会証言でイエレン議長は「初回利上げは早目の方が後々の引き締めペースが緩 やかになっていい」という趣旨の発言をしきりに繰り返していた。以前から「市場は、初回利上 げを誇大に捉えるべきでない」とも述べており、こうしたガイダンスが市場で十分に浸透し、な おかつ利上げの正当性を裏付ける複数の指標結果が伴ってきたならば、9 月実施の可能性も大い にあると言えるだろう。 米GDP については前期比年率+2.5%程度というのが市場コンセンサスのようであるが、なか には+2.9%程度と予想する米銀もある。そこまで強くなくとも、コンセンサスを上回る結果と なればドル買い優勢の展開になる可能性が高いと見る。ドル/円が再び125 円台に浮上してくる こともあっていいだろう。 少し気の早いことを言えば、FRB による初回利上げの実施決定に相前後してドルの強気相場は 一旦ピークに達する可能性が高いように思われる。イエレン議長が述べているように、2 回目以 降の利上げは相当に緩やかなペースとなりそうであり、そうであるならば初回利上げは一旦材料 出尽くしということになり得ると思われるからだ。 仮に、ドル/円のピークが127~128 円程度あるいは130 円近辺であるとして、それがドル/ 円の「8 年サイクル高値」となってもおかしくはないだろう。そして、その後は少々まとまった 調整を交えるというシナリオも一つの候補としてイメージしておいてもいいのではないか。 9 月であれ12 月であれ、いずれ「年内」というのであれば、そろそろ米利上げの後の展開を 想定したシナリオも幾つか用意しておいていいだろう。 下図は、日経平均株価の2014 年4 月安値=13885 円を起点と見立て、その後の日足の推移に 波動カウントを当てはめてみたものである。あくまで一つのシナリオに過ぎないが、直近高値= 20952 円が「第3 波」の終点であるとするならば、いずれ「第5 波」の終点が訪れて強気相場 が一旦終了する可能性があると考えることもできるものと思われる。 「年内」の「米初回利上げ」にあたり、ドル/円も日経平均株価も一旦は調整局面入りとなる 可能性があるということも一応は念頭に置いたうえで、当面の上値余地を想定して行きたいもの と考える。 

国立大学卒業生がハイローを攻略!!簡単すぎるお仕事。

ハイローオーストラリアを攻略する

-攻略する為の時事ねた
-

Copyright© ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】 , 2017 All Rights Reserved.