ハイローオーストラリアを攻略しました。 「ハイローオーストラリアで勝てない」と言う人は、やり方が間違っている可能性が高い。 明確な投資手法と資金管理の2つがあれば、ハイローオーストラリアは攻略出来る。 バイナリーオプションのツールと言うのは信用出来ない。 ただただ、簡単なお仕事でした。

ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】

optionbit

オプションビットなどのバイナリーオプションでは税金はどうなるのか?

更新日:

海外でも金融庁のライセンスがある業者を選ぶ

optionbit_04海外にはさまざまなバイナリーオプションの業者が存在しています。オプションビットなどのように金融当局の正式なライセンスを持って営業をしている会社もあれば、ライセンスを持たず営業している会社も存在しています。海外の会社には日本の規制当局である金融庁の規制は適用されません。そのためもしトラブルに巻き込まれてしまったとしても、それは完全に自己責任になります。特にライセンスを持っていない会社に入金をする場合は、十分注意して取引を行わなくてはなりません。

 

税金にも影響が出る

optionbit_10海外のどのようなブローカーであっても、利益が出たら税金を納めなくてはなりません。しかし出金できない可能性が少なからず存在しているため、一度も出金をしたことがない会社でたくさんの利益を上げるのは非常に危険です。なぜならいざ出金のタイミングになって出金拒否をされてしまうケースも存在するからです。ライセンスを持っている会社でルールを守って取引をしている場合はそれほど心配する必要はありませんが、ライセンスを持っていない会社では何が起きるかわかりません。取引をするのであればオプションビットなどのようにライセンスを持っており、出金ができる会社でのみ取引を行うと良いでしょう。 本来であれば取引が完了したポジションの損益は1年分計算してから提出を行いますが、ライセンスを持っていない会社の場合は出金した金額を利益としても問題ない場合もあります。中には利益はあったものの、いざ出金のタイミングで減額されてしまうケースもあるためです。そうなると減額された分は過剰に税金を支払うことになってしまいます。

 

国内と国外の両方を検討しよう

optionbit_07トラブルのあったバイナリーオプション業者などは金融庁へも通報されており、ホームページ上で注意喚起がされています。注意喚起されている会社のすべてが悪いわけではありませんが、何かしら問題があった場合には自分で解決するしか手段がありません。日本人が海外の業者を利用することは禁止されていませんが、生活資金まで入金するようなことは避けたほうが無難でしょう。海外の利益はすべて雑所得になりますので、総合課税として扱われます。他の収入によって税率が変わってきますが、仕事での所得が低い場合は国内で取引をした場合の20%よりも、税率が低くなることがあります。たくさん稼ぐ場合は国内で取引をしたほうが断然有利ですので、ヘビートレーダーになるつもりであれば、国内で取引をすることも検討したほうが良いでしょう。

国立大学卒業生がハイローを攻略!!簡単すぎるお仕事。

ハイローオーストラリアを攻略する

-optionbit

Copyright© ハイローオーストラリアの攻略は簡単【なんでみんな消耗してるの?】 , 2017 All Rights Reserved.