「今までトレードの結果をノートにつけた事はあるだろうか?」

果たして、この質問に「はい」と答えられる人は、何%いるのか。。。勝つためのExcellsheetプラス2018のトレードノートは、「〇」「×」を入力するだけの簡単なものにしました。

ボクはトレーダーと言うのは研究職だと考えてます。本来であれば、エントリータイミングの根拠まで明確に記載するのが望ましいです。ただ、バイナリーオプションを始めようとする人は、トレードの初心者の人が多く、初心者に、そこまで要求すると逆効果になります。

トレードノートでは、勝率は自動計算されて、常に自身のトレードを再確認出来ます。こういったノートをつけないと、トレード技術が成長しません。また、1トレード毎に、ノートに記載する事で、勝率という数字を客観的に見て、冷静さを保つ訓練にもなります。

トレードでは、冷静さを失ったら終わりです。トレードノートを使うには、表計算ソフトがPCに入っている必要がありますが、自分のPCに表計算ソフトが入っていなければ、Googleのスプレッドシートを利用して使う事も可能です。

⇒Googleスプレッドシートの使い方

それでは、本題の「トレードノート」の使い方について説明します。

トレードノートで使う部分

最初に、勝つためのExcellsheetプラス2018を開いて、トレードノートのシートに切り替えます。トレードノートは大きな縦長のブロックが横に5つ(5日分)と縦に5ブロック(5週間分)に分かれています。

1つのシートは1ヶ月で使い、1ヶ月を28日~31日として、WEEK1~WEEK5で考えます。

①月と週の統計結果

ここは、自動計算で入力されるので、入力は必要ありません。月と週の勝率を常に確認する事が出来ます。月間で見て、勝率が50%を割り込むようであれば、トレード手法を見直す必要があります。勝率は最低でも60%以上は目指してください。

②トレード履歴

ここで入力するのは

日付
トレードする日を記入

開始金額
トレード日のトレード開始金額を記入

終了金額
トレード日のトレード最終金額を記入

勝敗の部分
プルダウンで「〇」「×」を選択出来るので、勝ったら「〇」負けたら「×」を選択する。

これだけで、毎日、週、月に何回勝って、負けたのか?現在の勝率は何%なのか?を客観的に見る事が出来ます。使い方は、このようにシンプルです。

トレードノートのまとめ

トレードノートの利用方法は、以上です。もし、トレード履歴を付けた事がないと言う人がいれば、こんなシンプルなモノから始めて見てください。凝り性の人であれば、トレードの根拠、通貨ペア、時間帯も入力したくなるはずです。

そういった人の為に、勝つためのExcellsheetプラス2018には、ロックも何もかけていません。計算式が壊れてしまった場合には、またダウンロードして下さい。

【GAMANE推薦】海外BOランキング

このサイトの管理者のGAMENEが実際に使って、カスタマーとの連絡や出金問題のなかった海外BO会社だけを紹介しています

【海外バイナリーオプション_メイン口座】

ハイローオーストラリアは、ボクが一番初めに使った海外バイナリーオプション業者だ。 使った理由は、一番有名だったので出金トラブルがなさそうという理由だ。 取引画面も使い勝手が良く、パッと見わかりやすいので、初心者向きだと思う。

海外のバイナリーオプションでは知名度は間違いなくNo1だろう。 海外のバイナリーオプションが初めてという人には是非オススメしたい。

金融庁登録:あり オーストラリア

【海外バイナリーオプション_サブ口座】

ザ・オプションの特徴として、デスクトップのダウンロードツールが使う事が出来る。

これは海外バイナリーオプション会社では、珍しい。

ボリンジャーバンド、やMacd、RSIでタイミングを見て、ピンポイントで取引が出来るというわけだ。

これが出来る事によって、外部のテクニカルツールと、BO会社との ”ズレ” がなくなる。

海外Boでは、唯一入出金に「Bitwallet」が使える為、入出金がかなり楽になった。

金融庁登録:バヌアツ金融委員会